I期治療とII期治療について|大阪府八尾市の歯医者|谷口歯科クリニック

〒581-0069 大阪府八尾市龍華町2-1-1 坂本ビル2階

トピックス TOPICS

I期治療とII期治療について

小児矯正は、矯正治療を始めるタイミングによって治療内容が異なります。
I期治療とII期治療を正しく理解し、お子様の成長に合わせた矯正治療を行いましょう。

5歳~12歳頃
I期治療

I期は混合歯列期といって、乳歯と永久歯が混ざっている状態です。I期の治療では、顎の成長を利用しながら骨格を正しく成長させるための矯正を行います。健康な歯を抜歯することはなく痛みもほとんどないため、お子様の負担も少ないです。また、治療の進捗によってはII期で矯正治療を行う必要がなくなる場合もあります。

12歳~成人
II期治療

歯が全て永久歯に生え変わってから行う矯正を、II期治療と呼びます。この時期は顎の成長も止まるため大人と同じ成人矯正を行います。時間が経過するほど矯正治療のハードルは高くなりますので、できるだけ早めの矯正治療をおすすめします。