妊娠中の受診について|大阪府八尾市の歯医者|谷口歯科クリニック

〒581-0069 大阪府八尾市龍華町2-1-1 坂本ビル2階

トピックス TOPICS

妊娠中の受診について

1 妊娠初期
妊娠4ヶ月までの妊娠初期は不安定な時期のため、レントゲンや薬、麻酔には注意する必要があります。歯の痛みや腫れなど口腔内に異常がある場合も応急処置にとどめ、安定期に入ってからの治療をおすすめします。体調が優れないときは無理に受診をせず、体調が良いときにクリーニングなどを行うようにしましょう。
2 妊娠中期(安定期)
妊娠5~7ヶ月の安定期は体調が安定しほとんどの歯科治療を行える時期です。レントゲンや投薬も安心して行うことができるためむし歯や歯周病などの治療はこの時期に済ませるようにしましょう。ただし、長時間にわたる治療体に負担がかかりますので体調をみながらの治療となります。
3 妊娠後期
妊娠8ヶ月以降の妊娠後期は、胎児が成長するとともにお腹が大きくなってきます。長時間仰向けになるのは難しく薬によってはも赤ちゃんに影響が出るものもあるため、応急処置程度にとどめ、治療は出産後に行うようにしましょう。
4 産後(定期検診)
産後もむし歯や歯周病を予防するために、しっかりと歯のメンテナンスを行うことが大切です。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌は存在しず、むし歯になるほとんどの原因がご家族の方の影響によるものです。毎日のケアだけでなく、歯科医院で定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。当院では患者様のライフスタイルに合わせてご案内いたします。